第7回 インターゼミ を実施しました。

7月9日(土)の午後、杉本キャンパス1号館にて平成28年度インター・ゼミが開催されました。インター・ゼミとは、経済学部ゼミ間の交流を目的として平成22年度に開始された研究発表会です。今年度で7回目の開催となり、11ゼミから15チーム、106名の学生が参加しました。 
 各チームは、テーマ設定や調査・分析、プレゼンテーション資料の作成などをゼミ担当教員の指導の下で熱心に取り組んできました。その結果、約3ヶ月という短い準備期間であるにもかかわらず、インター・ゼミでは興味深いテーマや分析手法、プレゼン方法など、それぞれ特色のある報告が行われました。 
 また、インター・ゼミでは毎回、各チームによる相互評価などにもとづき、発表会場ごとに優秀報告を決定しています。今年度は以下の4チームが優秀報告に選ばれました。

  • 123教室 松本ゼミ 
     「徳島県神山町の地域づくりの再評価 
      ―NPO・移住者・地域住民の相互作用を視点に―」
  • 124教室 小川ゼミ 
     「リニア新幹線の開通が関西経済に与える影響 
      関西電鉄各社の株価を用いたイベント・スタディ」
  • 125教室 福原ゼミ 
     「大卒新入社員の人材育成を考える」
  • 126教室 松本ゼミ 
     「徳島県神山町の地域づくりの再評価 
      ―多様なアクターの活動の段階的発展について―」

 

 

 

2015年度後期開講 企業経済論特殊講義(生産性講座)講義内容について 

2015年度後期開講 企業経済論特殊講義(生産性講座) 講義内容

2015年10月~2016年2月、14回、月曜日第5時限目(16時30分~18時00分) 
1号館122教室、履修生見込約100名

本講座の目的は、

1.経済発展と生産性の関係を理解すること。
2.経営と生産性の関係を理解すること。
3.日々生産性向上に挑む企業の姿を知り、生産性向上の重要性を理解すること。

  月日 内容 担当
1 10/5(月) 「生産性概論」 (公財)関西生産性本部 特別顧問
辻本 健二
2 10/15(木)
(月曜授業実施)
「公益事業における生産性分析」 経済学部准教授
浦西 秀司
3 10/19(月) 「生産性とマクロ経済」 経済学部教授
中嶋 哲也
4 10/26(月) 「経営の3要素~効率性・人間性・戦略性~」 商学部教授
下崎 千代子
5 11/9(月) 「生産性と成果配分」 (公財)関西生産性本部 経営革新部部長
安田 弘
6 11/16(月) 「イノベーション・マネジメントと生産性」 商学部教授
太田 雅晴
7 11/27(金)
(月曜授業実施)
「クボタの生産革新と生産性向上」 (株)クボタ モノづくり統括部担当課長
平田 照也
8 11/30(月) 「積水ハウスの営業マーケティンク戦略と生産性向上」 積水ハウス(株) ダイバーシティ推進室部長
小谷 美樹
9 12/7(月) 「日東電工の研究開発戦略と生産性向上」 日東電工(株) 専務執行役員・CTO・全社技術部門長
表 利彦
10 12/14(月) 「サービス業の生産性向上 ― がんこ寿司の挑戦」 がんこフードサービス(株) 副社長
志賀 茂
11 12/21(月) 「帝人の労使関係と生産性向上」 帝人労働組合 組合長
南澤 広樹
12 1/18(月) 「人材の採用・育成・評価・活用 ― ダイハツの戦略」 ダイハツ工業(株)グループCF本部 オフィスサポートセンター 人事機能長
田中 光治
13 1/25(月) 「サービス業の生産性向上 ― ワン・ダイニングの挑戦」 (株)ワン・ダイニング 社長
高橋 淳
14 2/1(月) 「ダイキンの経営戦略―世界No1の実現(仮題)」 (公財)関西生産性本部 特別顧問(前副会長)〔ダイキン工業(株)相談役(前社長)〕
岡野 幸義
  2/8(月) 期末試験  

経済学研究科長に福原宏幸教授が就任しました

グローバル化時代に対応するプラクティカル・エコノミスト養成をめざして

経済学部長・経済学研究科長 福原宏幸

 

経済学部は、「プラクティカル・エコノミスト」養成を教育の目標に掲げ、その具体化に向けてカリキュラム編成を進めてきました。プラクティカル・エコノミストとは、経済学の素養を基礎にして、自律的な調査・発信能力、日々直面する課題について的確な判断を下す能力、そして他者の視点に学びながら斬新な問題解決の方法を提示する複眼的な構想力を備えた人材を指します。私たちは、この目標達成に向け、多彩な科目の体系的学習カリキュラムと、1年次から4年次までの一貫した演習科目による少人数教育の編成、さらにその質的向上に努めてきました。

また、大学院経済学研究科の前期博士課程では、今日の経済社会が直面する問題に対し、 柔軟かつ総合的な視点から取り組むことのできる「ジェネラル・エコノミスト」の育成を目指し、後期博士課程では、専門領域においてより高度な知的貢献のできる「アドバンスド・エコノミスト」の育成を目指しています。

さて、文部科学省有識者会議で示された大学改革案「G型大学×L型大学」が注目を浴びています。この議論の是非はともかく、いずれにしろ、今日、大学はグローバル化時代における教育のあり方が問われています。本学部・本研究科においては、これに伴い教育改革についての議論を開始しています。その基本の考え方は、「グローバル化時代に対応するプラクティカル・エコノミストの養成」です。

「変動激しい世界経済体制をどう読み解くのか」といった理論的課題とあわせて、大阪というローカルが抱える課題をグローバルな視点で読み解くこと、世界中のローカルが共生的な経済発展関係をどのようにして構築できるのかなど、グローバルな経済課題に対応できるプラクティカル・エコノミストの養成に向けて、さらに改革を進めているところです。

2014年度後期開講 企業経済論特殊講義(生産性講座)講義内容について

2014年度後期開講 企業経済論特殊講義(生産性講座) 講義内容

後期月曜日5時限開講 / 【履修対象】 商学部・経済学部に所属する第1部、第2部の学生

月日 内容 担当
2014/10/6(月) 第1回 : 「生産性概論」 (公財)関西生産性本部特別顧問
辻本 健二
2014/10/17(金)
(月曜授業実施)
第2回 : 「公益事業における生産性分析」 経済学部准教授
浦西 秀司
2014/10/20(月) 第3回 : 「生産性運動の原点と展開」 経済学部教授
海老塚 明
2014/10/27(月) 第4回 : 「イノベーション・マネジメントと生産性」 商学部教授
太田 雅晴
2014/11/5(水)
(月曜授業実施)
第5回 : 「モチベーション・マネジメントと生産性」 商学部教授
下崎 千代子
2014/11/10(月) 第6回 : 「日東電工の研究開発戦略と生産性向上」 日東電工(株) 取締役常務執行役員・CTO・全社技術部門長
表 利彦
2014/11/17(月) 第7回 : 「生産性と成果配分」 (公財)関西生産性本部経営革新部部長
安田 弘
2014/12/1(月) 第8回 : 「クボタの生産革新と生産性向上」 (株)クボタ モノづくり統括部担当課長
平田 照也
2014/12/8(月) 第9回 : 「積水ハウスの営業マーケティンク戦略と生産性向上」 積水ハウス(株) ダイバーシティ推進室部長
小谷 美樹
2014/12/15(月) 第10回 : 「ダイハツの人材採用・育成戦略と生産性向上」 ダイハツ工業(株)上級執行役員
入江 誠
2014/12/22(月) 第11回 : 「帝人の労使関係と生産性向上」 帝人労働組合 組合長
南澤 広樹
2015/1/15(木)
(月曜授業実施)
第12回 : 「ネットが拓く高生産性社会 ― NTTドコモの挑戦」 (株)NTTドコモ関西支社法人 営業部担当部長
梅原 宏之
2015/1/19(月) 第13回 : 「サービス業の生産性向上 ― がんこ寿司の挑戦」 がんこフードサービス(株)副社長〔(独)産業技術総合研究所サービス工学研究センター研究顧問〕
新村 猛
2015/1/26(月) 第14回 : 「人基軸の経営と生産性の向上(仮題)」 (公財)関西生産性本部 特別顧問(前副会長)〔ダイキン工業(株)相談役(前社長)〕
岡野 幸義
2015/2/2(月) 期末試験