国際教育

グローバル化への対応

現代社会・経済は、世界との関わりを抜きにして語れません。
大阪市立大学経済学部は、グローバル化する経済に対応できるように、以下の講義を英語で提供し、英語のままでの理解を目指しています。
また、海外の大学とTV会議システムで繋ぎ、海外の学生と一緒に学ぶ科目も提供しています。
•Economic Reading
•経済英語1
•経済英語2
•International Workshop
•Global Economy
•Introduction to International Economics
•Lectures on Economics A
•Lectures on Economics B

エクセレント・グローバル・プラクティカル・エコノミスト(EGPE)認定制度

経済学部では語学力、グローバル・コミュニケーション、問題発見、理論・分析の全てについて、学部の定める一定の条件を満たした学生を
エクセレント・グローバル・プラクティカル・エコノミスト(EGPE)として認定するEGPE認定制度を導入しています。

  • 語学力、グローバル・コミュニケーション、問題発見能力、理論・分析の全てについて下の表に定める要件を満たした、2018 年度以降に入学する学生を、エクセレント・グローバル・プラクティカル・エコノミスト(EGPE)として認定します。
  • 認定を受けようとする学生は、3年次以降の後期 Web 履修期間に、「EGPE 認定願」、「成績通知書」(要件に該当する箇所にマークを付したもの)、下の表に掲げるその他の必要書類を学生サポートセンターへ提出してください。
種目 要件 必要書類
語学力
(右記3要件のいずれか1つを満たすこと)
ACE を 3 単位以上取得 成績通知書
GC 副専攻(仮)認定 GC 副専攻(仮)認定書
外部試験結果の英語科目単位認定 6 単位基準を満たす 英語科目単位認定に必要
な書類
グローバル・コミュニケーション
(右記4要件のいずれか1つを満たすこと)
3大学国際シンポジウムの報告・発表 担当教員による確認書
海外の大学に在籍している学生との討論会での報告・発表(ただし3大学国際シンポジウムに準じると認められるもの) 担当教員による確認書
海外留学、海外インターン 修了証明書(それに準じて
受入機関が発行した書類)
GC 副専攻(仮)認定 GC 副専攻(仮)認定書

問題発見能力
(右記2要件のいずれか1つを満たすこと)

IW(G)の単位取得 成績通知書
その他の IW または論文演習の単位取得、
及び英語提供科目(科目ナンバーの5桁目
が”E”の科目)2科目の単位取得
成績通知書
理論・分析 下記科目の中から4科目以上の単位取得
Lectures on Economics A, Lectures on
Economics B, Introduction to International
Economics, Economic Reading, 経済英語
1, Global Economy, アジア経済史, アジ
ア経済論, 東南アジア経済論, 経済開発論,
国際経済学, 国際協力論, 多国籍企業論,
国際経済上級講義
成績通知書

国際交流

経済学部では、国際交流にも積極的に取り組んでおり、留学生の受け入れにも力を入れています。現在、多くの留学生(院生を含む)が経済学部で学んでいます。そして、海外大学との教育・研究交流も盛んです。上海市(中国)の諸大学、サンクトペテルブルグ大学(ロシア)、メルボルン大学(オーストラリア)、ハンブルグ大学(ドイツ)などとの間では、学生の留学そして教員の研究交流を積極的に行っています。また、大阪市立大学経済学部・全南大学(韓国)・吉林大学(中国)との間では、教員と学生がともに毎年シンポジウムを通して交流しています。