全南国立大学(韓国全羅南道光州市)経営学部への派遣学生募集

本学経済学部・大学院経済学研究科と韓国全南国立大学経営学部との学生交流協定に基づく派遣学生を、次のとおり募集します。希望する学生は、申込書に必要事項を記入のうえ、経済学部事務室に提出してください。                

1 募集人員:1・2名以内

2 応募資格:①本学経済学部学生ならびに本学大学院経済学研究科学生

         ②韓国語・朝鮮語(ハングル)の読み書きができることが望ましい          
         (英語でおこなわれる授業も一部あります)

3 派遣条件:原則1年間(場合によってはもう1年延長の申請も可)

        :全南国立大学経営学部で勉学する

        :全南国立大学での修得単位は、市立大学での単位としてみとめる

                  (学部―30単位を限度 大学院―10単位を限度)

4 派遣費用:全額自己負担(ただし全南国立大学での授業料等は免除)

5 派遣期間:平成23年3月1日から1年間

6 応募締切日:平成 22年8月27日(金)

7 選考:平成22年9月7日(火)午後1時より面接等を行います。

8 申請書類:参加希望者は経済学部事務室・第2部事務室で配布の申込書に必要事項を記入のうえ、経済学部事務室へ提出してください。 

平成22年6月24日

経済学部長・経済学研究科長

 

「第8年次 大阪市立大学‐全南国立大学シンポジウム」を開催しました

2007年11月20日火曜日に、大韓民国光州市にある全南国立大学経営学部(College of Business Administration, Chonnam National University)から派遣された教員2名と学生4名を迎え、「第8年次大阪市立大学‐全南国立大学シンポジウム」を開催しました。
 20日火曜日午後、教員セッションと学生セッションに別れて、別紙プログラムのように英語でのシンポジウムを行いました。(別紙プログラムはこちら)
 今回派遣されたメンバーは、19日月曜日に来日し、20日火曜日には昼食会、副学長表敬訪問、シンポジウム、交流パーティ、21日水曜日には大阪市内を見学し、22日木曜日に大韓民国へと帰国しました。2008年度は、大阪市立大学から経済学研究科教員3名以内と経済学部生6名以内が、全南国立大学へと派遣される予定です。今回は、例年にも増して多くの教員、大学院生、学部生の参加を得て、活気に満ちた交流の場となりました。以下に、写真をいくつか掲載します。

歓迎の言葉を述べる中村圭爾副学長 教員セッションでの田畑研究科長による開会挨拶
教員セッションでのチョイ教授による報告 学生セッションでの全南国立大学生による報告
学生セッション集合写真  

シンポジウム後のパーティーの様子

交流パーティでの談話(左より、クー教授、大島教授、久保博士研究員) 多くの大学院生と学部生が参加しました