有賀 敏之

研究者名有賀 敏之アルガ トシユキ
所属大阪市立大学
部署大学院創造都市研究科
職名教授
学位
  • 京都大学 博士(経済学)
  • 京都大学 経済学士

書籍等出版物

  • 『グローバリゼーションの政治経済学』(単著)

    同文舘出版

  • 『グローバリゼーションの政治経済学 第2版』(単著)

    同文館出版

  • 『グローバリゼーションの政治経済学 第3版』(単著)

    同文舘出版

  • 『グローバル企業再編』(単著)

    同文舘出版

  • 『東海地域と日本経済の再編成』(共編著)

    同文舘出版

more (6)

講演・口頭発表等

  • 世界経済の現段階把握をめぐって

    日本国際経済学会 関西支部第38回支部総会

  • 国際企業間関係の現段階

    日本国際経済学会 第61回全国大会

  • 中部地域から考える経済活性化

    国際公共経済学会 第23回大会

Misc

  • 「多国籍企業と資本の集積・集中の現段階」(単著)

    有賀敏之『経済論叢』(京都大学) 157 (5・6) 35-50

  • 「資本制発展の現段階規定に関する一考察」(単著)

    有賀敏之『経済論叢』(京都大学) 158 (3) 89-104

  • 「ポスト冷戦と世界経済の融合化」(単著)

    有賀敏之『経済論叢』(京都大学) 159 (1・2) 40-56

  • 「世界経済における段階の再措定」(単著)

    有賀敏之『経済学論集』(龍谷大学) 37 (1) 1-11

  • 「デ・ファクト・スタンダードの解明」(単著)

    有賀敏之『経済学論集』(龍谷大学) 38 (2) 1-17

more (9)

研究キーワード

多国籍企業論, 国際政治経済学, グローバリゼーション論, 地域経済,

研究分野

  • 政治学/政治学

  • 経済学/経済政策

所属学協会

  • 日本国際経済学会

  • 国際公共経済学会

競争的資金等の研究課題

  • 多国籍企業の生産集積を軸とした大都市圏経済の解明

    研究期間 : -

  • グローバリゼーションの下での国民国家の変容

    研究期間 : -

  • 主要産業における内外の企業の再編動向の解明

    研究期間 : -

委員歴

  • - : 国際公共経済学会 理事

  • - : 日本国際経済学会 会員

  • - : 国際公共経済学会 理事


担当科目
(毎年開講されるとは限りません)

世界経済論、基礎演習、イノベーティブワークショップ、演習
自己紹介 「世界の謎を解く」というような気概なりつもりで、若い頃からやってきました。中には解けた謎もありましたが、解き残しが多いことを痛感する今日この頃。 
学生へのひとこと 「叩けよ、されば開かれん」に尽きると思いますが、モバイルデバイスが進歩しすぎて、地道にアナログ的なアプローチをすることが昔よりはるかに難しくなっています。在学中に一つでも、自分なりの突破口を探してください。 
学生への推薦図書 (1)司馬遼太郎著『酔って候』(文春文庫) 
(2)ケインズ著『人物評伝』(岩波現代叢書) 
電話 06-6605-3500
メール alga@osaka-cu.ac.jp (@を半角にしてください)