堀口 朋亨

研究者名堀口 朋亨ホリグチ トモナガ
ホームページ
所属国士舘大学
部署経営学部経営学科
職名准教授
学位
  • ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン 経営経済学博士(Dr.rer.pol)
  • 立正大学大学院経済学研究科 経済学修士
  • 立正大学 経済学士

経歴

  • - : 国士舘大学 経営学部 経営学科 准教授

  • - : 京都外国語大学 リエゾンオフィサー (副学長扱、学部・短大連携推進担当)

  • - : 京都外国語大学 外国語学部 准教授

  • - : 大阪市立大学 都市研究プラザ 特任講師

  • - : ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン 日本センター 助手

more (8)

論文

  • Monitoring Functions in Corporate Governance: A Case Study of a Japanese Department Store

    YOSHIMURA Norihisa, HORIGUCHI Tomonaga
    THE ANNALS OF THE ECONOMIC SOCIETY WAKAYAMA UNIVERSITY (20) 111-132

  • BOPビジネスに内包するリスクとそのマネジメント手法に関して

    堀口 朋亨
    危険と管理 (46) 71-88

  • リスクマネジメントの視点から見たドイツ企業のコーポレート・ガバナンス-共同決定制度を中心に-

    堀口 朋亨
    危険と管理 44 138-150

  • Demographic Change in Japan - Implications for the Financial System

    Waldenberger, Franz; Horiguchi, Tomonaga
    Auswirkungen der Bevölkerungsentwicklung auf Banken und Volkswirtschaft 95-105

  • The Japanese Karaoke Market - Structure and Recent Tendencies

    Heindorf, Viktoria; Horiguchi, Tomonaga
    Japan Analysen Prognosen (184) 1-27

more (6)

書籍等出版物

  • Rationalität und Handlungslogik der Auslandsdirektinvestitions aktivitäten japanischer Unternehmen

    Peter Lang

  • 現代日本企業3グローバルレビュー

    有斐閣

  • The Spiral

    Heyne Verlag

講演・口頭発表等

  • Convergence Structure of Knowledge in Collaborative Networks in the Japanese Car Industry

    Arts Management - City Management: Models for Sustainable City Renewal and Cultural Continuity,

  • Complementary analysis of knowledge and skill management in the production sector, A case study of an automotive company

    日本経営学会関西部会第585回例会

  • The comparative analysis between German and Japanese auto industry

    Annual Meeting of National Pingtung Institute of Commerce

  • The change of the district resulting from formation and collapse of industrial accumulation; A case study of the East Germany City,

    The International Workshop On Urban Utopianism

  • ドイツ企業の人材育成教育と従業員代表委員会

    日独企業の経営比較に関するワークショップ

more (26)

Misc

  • 共同決定制度が持つ含意に関する一考察-東ドイツにおける共同決定的な制度の運用実態について-

    堀口 朋亨商学研究 64 (3) 177-192

  • 現代のドイツ企業における共同決定の研究に向けて-準備的考察

    吉村 典久、堀口 朋亨経済理論 (372) 73-102

  • 拡大するEUにおけるガバメントリレーションズ活動の重要性

    フランツ・ヴァルデンベルガー、堀口 朋亨経営研究 58 (4) 1-18

  • 単身者世帯の貯蓄行動に関する分析

    堀口 朋亨、金沢 哲雄経済学季報 48 (2) 203-229

  • わが国における家計貯蓄率変動の分析

    堀口 朋亨、金沢 哲雄経済学季報 47 (2) 67-94

more (6)

所属学協会

  • 生活経済学会

  • European Association for Japanese Studies

  • 日本リスクマネジメント学会

  • 日本ドイツ学会

  • 日本経営学会

more (12)

担当経験のある科目

  • 多国籍企業論(国士舘大学)

  • グローバルビジネス論(国士舘大学)

  • 国際経営論A,B(大学院)(国士舘大学)

  • 比較経営論(近畿大学)

  • 経営学A、B(近畿大学)

more (19)

Works

  • 人口の高齢化:学際的アプローチの可能性

  • 憲法解釈の視点からみた東日本大震災後の被災者生活再建支援法のあり方について-文献レビューを中心に-

  • 水戸市の発展史から見た、県庁所在地が持つ災害リスク -東日本大震災の経験から-

  • 茨城県における東日本大震災後の被災者生活再建支援法に基づく住宅被害認定と住宅再建支援の実態と課題

  • 現代ドイツ企業の監査役会の実態と企業統治構造の研究

more (8)

競争的資金等の研究課題

  • 自動車産業における情報技術とスキルとの相補性に関する調査

    日本学術振興会 : 基盤研究C 研究期間 : - 代表者名 : 堀口 朋亨

  • 共同決定の変容に着目したコーポレート・ガバナンス構造の研究

    日本学術振興会 : 基盤研究C 研究期間 : - 代表者名 : 吉村 典久

  • 東・東南アジア地域における日本企業の合弁戦略と副次的戦略の合理性に関する研究

    日本学術振興会 : 基盤研究C 研究期間 : - 代表者名 : 高島 知佐子

  • 伝統的日本企業におけるドイツ的制度の移転プロセスの実態調査

    日本学術振興会 : 基盤研究C 研究期間 : - 代表者名 : 堀口 朋亨

  • 中堅企業における各アクターからの経営陣に対する掣肘の重みに関する研究

    日本学術振興会 : 挑戦的萌芽研究 研究期間 : - 代表者名 : 吉村 典久

more (7)

委員歴

  • - : 委員