杉田 菜穂

研究者名杉田 菜穂スギタ ナホ
所属大阪市立大学
部署経済学研究科 現代経済専攻
職名准教授
学位
  • 大阪市立大学 博士(経済学)
  • 大阪市立大学 修士(経済学)
  • 大阪市立大学 博士(経済学)

経歴

  • - : 同志社大学(講師(有期))

  • - : 大阪市立大学(准教授)

論文

  • 大来佐武郎の人口論-経済発展の最も基礎的な要件は人間の能力である-

    杉田 菜穂
    日本人口学会 人口学研究

  • 日本における人口-社会保障論の系譜:舘文庫を手掛かりに

    杉田 菜穂
    国立社会保障・人口問題研究所

  • 日本における福祉国家論の形成と展開:北岡壽逸をめぐって

    杉田 菜穂
    社会政策学会

  • 日本における人口認識の史的展開 : 人口抑制から社会保障へ

    杉田 菜穂
    大阪市立大学 經濟學雜誌 116 (3) 97-107

  • 日本における社会開発論の形成と展開:人口と社会保障の交差

    杉田 菜穂
    国立社会保障・人口問題研究所

more (25)

書籍等出版物

  • 人口・家族・生命と社会政策:日本の経験

    法律文化社

  • 人口論入門:歴史から未来へ

    法律文化社

  • 生殖と人口政策、ジェンダー = Reproduction : population policy and gender

    立命館大学人間科学研究所

  • 日本における社会改良主義の近現代像 : 生存への希求

    法律文化社

  • <優生>・<優境>と社会政策:人口問題の日本的展開

    法律文化社

more (6)

Misc

  • 書評:樋上恵美子著『近代大阪の乳児死亡と社会事業』(大阪大学出版会、2016年)

    杉田 菜穂大阪市立大学 經濟學雜誌 117 (2) -

  • 書評:兼田麗子著 『大原孫三郎:善意と戦略の経営者』(中公新書、2012年)

    杉田 菜穂社会政策学会・社会政策』 6 (1) -

  • 書評:室田保夫著『近代日本の光と影:慈善・博愛・社会事業を読む』(関西学院大学出版会、2012年)

    杉田菜穂同志社大学人文科学研究所・キリスト教社会問題研究 (61) -

  • 書評:片岡優子著『原胤昭の研究:生涯と事業』(関西学院大学出版会、2011年)

    杉田 菜穂(同志社大学人文科学研究所・キリスト教社会問題研究 (61) -

  • 書評:山崎聡著『ピグーの倫理思想と厚生経済学 : 福祉・正義・優生学』(昭和堂、2011年)

    杉田 菜穂大阪市立大学経済学研究会・季刊経済研究 34 (1/2) -

more (8)

研究キーワード

優境, 詩歌, 人口, 優生, 福祉国家,

more (9)

研究分野

  • 経済学/経済政策

  • 言語学/日本語教育

所属学協会

  • 社会政策学会

  • 俳人協会

  • 日本人口学会

担当経験のある科目

  • 人口論(大阪経済大学)

  • 社会政策(同志社大学)

  • 社会政策(関西大学)

  • 社会政策研究(同志社大学大学院社会学研究科)

  • アカデミックスキル(同志社大学)

more (16)

Works

  • 『砂の輝き』(句集)

  • 『夏帽子』(句集)

  • 『関西俳句なう』 (俳句アンソロジー)

競争的資金等の研究課題

  • 人口・家族政策論の史的経緯における国際的差異に関する研究

    日本学術振興会 : 科学研究費助成事業 研究期間 : -

  • 優生-優境主義のなかの日本社会政策:近代から現代へ

    日本学術振興会 : 科学研究費助成事業 研究期間 : -

  • 共働き家庭の時間的貧困に関する調査研究

    文部科学省 : ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)平成30年度 連携型共同研究助成 研究期間 : -

学歴

  • - : 大阪市立大学 経済学部 経済学科

  • - : 大阪市立大学 経済学研究科 現代経済専攻

  • - : 大阪市立大学 経済学研究科 現代経済専攻


担当科目
(毎年開講されるとは限りません)

基礎演習、イノベーティブ・ワークショップ、社会政策論
自己紹介 専門は、社会政策です。文章を読んだり書いたり、詩を読んだり詠んだりする時間を大切にしています。
学生へのひとこと 後に振り返ったときに、貴重な時期だったと思えるような学生時代を過ごせるといいですね。
学生への推薦図書 (1) 福澤諭吉 『福澤全集』 時事新報社、1898年。
(2) 穂積重遠 『新訳論語』 社会教育協会、1947年。
(3) 清水幾太郎 『論文の書き方』 岩波書店、1959年。
電話 06-6605-2296
メール sugita@econ.osaka-cu.ac.jp (@を半角にしてください)