脇村 孝平

研究者名脇村 孝平ワキムラ コウヘイ
所属大阪市立大学
部署大学院経済学研究科 現代経済専攻
職名教授
学位
  • 経済学修士
  • 大阪市立大学 経済学博士

受賞

  • : 国際開発研究大来賞

論文

  • 「『南北問題』再考-経済格差のグローバル・ヒストリー」

    脇村 孝平
    『経済学雑誌』 第118巻 (第3・4号) 21-41

  • 「19世紀熱帯アジアにおける一次産品輸出と労働供給-W・A・ルイス『要素交易条件』論・再考」

    脇村 孝平
    『経済学雑誌』 第117巻 (第3号)

  • 「近現代東アジアにおける海港検疫とグローバルな文脈-『三重基準』をめぐって」

    脇村 孝平
    『歴史の理論と教育』 (第145号) 3-17

  • 「熱帯と世界経済、1880~1913年-W・A・ルイス『熱帯の発展』論ノート」

    脇村 孝平
    『経済学雑誌』 第115巻 (第2号) 157-174

  • 「汚れた水と穢れた身体-植民地都市カルカッタにおける『衛生改革』の帰結」

    脇村 孝平
    『歴史学研究』 (第888号) 1-12

more (17)

書籍等出版物

  • 『日本植民地研究の論点』

    岩波書店

  • 『アイルランド大飢饉-歴史と記憶』

    刀水書房

  • 『多様性社会の挑戦』(現代インド第1巻)

    東京大学出版会

  • 『多元鑲嵌與創造轉化-臺灣公共衛生百年史』(Diverse Embeddedness and Creative Transformation: A Century of Public Health in Taiwan)

    遠流

  • The BRICs as Regional Economic Powers in the Global Economy

    Slavic Research Center

more (28)

講演・口頭発表等

  • 「環インド洋熱帯地域研究について-今後の展望」

    「環インド洋熱帯地域における複数発展径路と自然環境-比較と連関」研究・第三回研究会

  • ‘Comment’ ‘The Hydrosphere and Socioeconomics in Modern Asia, Exploring a New Regional History Using a Database and Spatial Analysis’

    International Workshop

  • 「【書評】川満直樹『パキスタン財閥のファミリービジネス』(ミネルヴァ書房、2017年)」

    社会経済史学会近畿部会・一月例会

  • ‘Comment’ ‘Constructing Colonial Modern: Public Health, Education and Policing’

    九州大学-オックスフォード大学合同国際ワークショップ

  • 「五代友厚と大阪高商」

    『講座企業家学』第7回

more (47)

Misc

  • 【書評】佐藤光・中澤信彦編『保守的自由主義の可能性 : 知性史からのアプローチ』

    脇村 孝平経済学雑誌 第118巻 (第2号) 85-92

  • 【書評】斎藤修『環境の経済史-森林・市場・国家』

    脇村 孝平経済研究 第68巻 (第3号) 280-282

  • 木曽順子著『インド 開発の仲の労働者―都市労働市場の構造と変容』

    アジア研究 51 (1) 86-91

  • 疫病と世界史

    世界史のしおり (22) 1-4

  • 歴史地理的アジア論:『乾燥地帯』のもつ意義について

    経済学雑誌 第94巻 (別冊) 66-72

研究キーワード

熱帯アジア,

研究分野

  • 史学/東洋史

  • 経済学/経済史

所属学協会

  • 社会経済史学会

  • アジア政経学会

  • 日本南アジア学会

競争的資金等の研究課題

  • 「19世紀の熱帯アジアにおける一次産品輸出経済と労働供給-人口増加と労働移動」

    研究期間 : - 代表者名 : 脇村 孝平

  • 「新たなガバナンス論構築のためのアジア研究とアジア型国際関係論による共同研究」

    研究期間 : - 代表者名 : 清水 耕介

  • 「ビクトリア湖島嶼マラリア撲滅:プリマキン使用による集団治療とヒト・原虫多様性」

    研究期間 : - 代表者名 : 金子 明

  • 「新興国における経済発展径路の国際比較」

    研究期間 : - 代表者名 : 杉原 薫

  • 「近現代における世界経済の形成と熱帯地域-飢饉、疫病、そして『南北格差』」

    研究期間 : - 代表者名 : 脇村 孝平

more (17)

学歴

  • - : 大阪市立大学 経済学研究科 経済学

  • - : 大阪市立大学 経済学部 経済学


担当科目
(毎年開講されるとは限りません)

アジア経済史 アジア経済史特殊講義、経済史上級講義
自己紹介 「危機の時代こそ、歴史から学べ」をスローガンにして、日本の幕末維新史を素材としながら、ゼミ生たちとともにこれからの日本の進路を考えることをテーマにしています。
学生へのひとこと アジア経済史を題材にして、経済のグローバル化について皆さんと一緒に考えましょう。
学生への推薦図書 (1)福田恒存『人間・この劇的なるもの』新潮文庫、2008年。
(2)竹内好『日本とアジア』ちくま学芸文庫、1993年。
(3)入江昭『日本の外交-明治維新から現代まで』中公新書、1966年。
個人ページ http://www2.econ.osaka-cu.ac.jp/~Wakimura/index.html
電話 06-6605-2285
メール wakimura@econ.osaka-cu.ac.jp (@を半角にしてください)