TOP > 教員紹介一覧>浦西 秀司

■教員紹介


浦西 秀司(Shuji URANISHI)
博士(経営学)・神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程修了


個人ページ
電話 06-6605-2264
メール uranishi@econ.osaka-cu.ac.jp (@を半角にしてください)


教授

2003年 神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程 修了
大阪府立産業開発研究所 客員研究員
神戸大学大学院経営学研究科 助手
2004年 福山平成大学経営学部経営情報学科 講師
2008年 福山平成大学経営学部経営学科 准教授
2013年 大阪市立大学大学院経済学研究科 准教授

【担当科目】 (毎年開講されるとは限りません)
基礎演習、イノベーティブワークショップ、産業経済論

【自己紹介】
郵便、鉄道、高速道路、航空といった交通・公益事業の規制政策に関する計量分析に取り組んできました。

【学生へのひとこと】
寝食を忘れて打ち込めるものがあると日々の生活は楽しくなると思います。

【学生への推薦図書】
(1)内村鑑三(著)、鈴木範久(訳)「代表的日本人」岩波文庫
(2)三戸祐子「定刻発車‐日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?」新潮文庫
(3)森嶋通夫「思想としての近代経済学」岩波新書

【研究テーマ】
民営化・規制緩和効果の計測、ユニバーサルサービス供給コストの計測など

【研究のキーワード】
民営化、上下分離、ユニバーサルサービス

【所属学会】
公益事業学会
日本交通学会
海運経済学会

【主要著書・論文】
(1)"The Post Office vs. Parcel Delivery Companies: Competition Effects on Costs and Productivity,"(Mizutani, F.と共著), Journal of Regulatory Economics, Vol.23, No.3, 2003, pp. 299 - 319.
(2)"The Effects of Privatization on Productivity and Capital Adjustment,"(Mizutani, F.と共著), International Journal of Transport Economics, Vol. 34, No. 2, 2007, pp. 197 - 224.
(3)「郵便事業におけるユニバーサルサービス維持に関するシミュレーション」、『公益事業研究』、第59巻第2号、2007年、55頁〜68頁.
(4)"Determinants of Privatization of Public Corporations: Evidence from the Japanese Experience,"(Mizutani, F.と共著), Empirical Economics, Vol. 39, No. 2, 2010, pp. 515 - 535.
(5)"Does Vertical Separation Reduce Cost ? An Empirical Analysis of the Rail Industry in European and East Asian OECD Countries,"(Mizutani, F.と共著), Journal of Regulatory Economics, Vol. 43, No. 1, 2013, pp. 31 - 59.

研究者要覧へ