■教員紹介


朴 ー(PARK IL)
博士(商学)・同志社大学大学院博士課程修了



個人ページ 
電話  06-6605-2262
メール  paku@econ.osaka-cu.ac.jp (@を半角にしてください)


教授

1988年 同志社大学大学院博士課程修了
1988-1990年 立正大学経済学部専任講師
1990年10月より 大阪市立大学経済学部に勤務
  大阪市、神戸市、堺市、伊丹市などで外国人の人権に関する審議会委員を歴任。
2005年 国会参議員国際問題調査会参考人

【担当科目】 (毎年開講されるとは限りません)
アジア経済論
エスニック・スタディ入門編

【自己紹介】
1992年、NHKテレビで韓国大統領選挙を実況解説。その後も、「サンデージャポン」(TBS)、「たけしのテレビタックル」(朝日)、 「たかじんのそこまで言って委員会」、「みのもんたのサタディすばっと」(TBS)など数多くの番組で韓国報道に携わる。

【学生へのひとこと】
いつもどうすればおもしろい講義をすることができるのか、そればかり考えています。

【学生への推薦図書】
(1)カミュ『異邦人』
(2)金城一紀『GO』
(3)弘兼憲史『課長島耕作』

【研究テーマ】
朝鮮半島の政治と経済、日韓・日朝関係論

【研究のキーワード】
開発独裁、植民地近代化、移民企業          

【所属学会】
現代韓国朝鮮学会
国際高麗学会
北東アジア学会
アジア政経学会

【主要著書・論文】
(1)『韓国NIES化の苦悩』同文館、1992年(単著)
(2)『アジアNIES』世界思想社、1994年(編著)
(3)『在日という生き方』講談社メチエ、1999年(単著)
(4)『転換期のアジア経済を学ぶ人のために』世界思想社、2000年
(5)『朝鮮半島を見る眼』藤原書店、2005年

研究者要覧へ