TOP > 教員紹介一覧>岡澤 亮介

■教員紹介


岡澤 亮介(Ryosuke OKAZAWA)
博士(経済学)・京都大学大学院経済学研究科博士課程


個人ページ https://sites.google.com/site/ryosukeokazawa/
電話 06-6605-2286
メール okazawa@econ.osaka-cu.ac.jp (@を半角にしてください)


准教授

2005年 京都大学経済学部 卒業
2010年 京都大学大学院経済学研究科博士課程 修了
2010年 日本学術振興会特別研究員PD
2013年 大阪市立大学大学院経済学研究科 准教授

【担当科目】 (毎年開講されるとは限りません)
マクロ経済学1

【自己紹介】
マクロ経済学と労働経済学を中心に研究しています。

【学生へのひとこと】
夢中になれるものを見つけて、悔いのない大学生活を送ってください。
みなさんと一緒に勉強できる機会を楽しみにしています。

【学生への推薦図書】
(1)ジョン・マクミラン 『市場を創る- バザールからネット取引まで』 (瀧澤弘和, 木村友二訳) NTT 出版, 2007.3.
(2)スティーヴン・D・レヴィット, スティーヴン・J・ダブナー『ヤバい経済学』 (望月衛 訳) 東洋経済新報社, (増補改訂版) 2007.4.
(3)アビジット・V・バナジー, エスター・デュフロ 『貧乏人の経済学- もういちど貧困問題を根っこから考える』 (山形浩生 訳) みすず書房, 2012.4.

【研究テーマ】
所得不平等、マクロ経済の資源配分について

【研究のキーワード】
不平等、経済成長、失業、制度

【所属学会】
日本経済学会

【主要著書・論文】
(1)"Skill-Biased Technical Change, Educational Choice, and Labor Market Polarization: The U.S. versus Europe" forthcoming in Journal of Economic Inequality.
(2)"Labor Immobility in Japan: Its Causes and Consequences" (有賀健氏と共著), in Japan's Bubble, Deflation, and Long-term Stagnation, edited by K. Hamada, A. Kashyap, and D. Weinstein, MIT Press, 2011.
(3) "Colonial Experience and Postcolonial Underdevelopment in Africa" (水野伸宏氏と共著), Public Choice, Vol. 141, pp.405-419, 2009.

研究者要覧へ