TOP > 教員紹介一覧>小川 亮

■教員紹介


小川 亮(Ryoh OGAWA)
博士(経済学)・大阪大学


個人ページ
電話 06-6605-2265
メール r.ogawa@econ.osaka-cu.ac.jp (@を半角にしてください)


准教授

2008年 大阪府立産業開発研究所 研究員
2013年 大阪市立大学大学院経済学研究科
講師
2015年 大阪市立大学大学院経済学研究科
准教授

【担当科目】 (毎年開講されるとは限りません)
基礎演習、地方財政論、地方財政論研究・同演習

【自己紹介】
都市や地域の財政に関して、主に統計分析に基づいた調査研究を行っています。

【学生へのひとこと】
社会や経済の現象に疑問を持ち、それを経済学で追究する技法をじっくり養ってください。一緒に学びあっていきましょう。

【学生への推薦図書】
(1)林敏彦(1996)『ハート&マインド経済学入門』有斐閣アルマ
(2)猪木武徳(2012)『経済学に何ができるか』中公新書
(3)大谷信介ほか(2005)『社会調査へのアプローチ 論理と方法 [第2版]』ミネルヴァ書房
(4)山本拓(1995)『計量経済学』新世社

【研究テーマ】
地方分権改革、都市・地域経済の活性化

【研究のキーワード】
地方財政、都市・地域政策

【所属学会】
日本財政学会
応用地域学会
日本経済学会

【主要著書・論文】
(1)「海外事業活動の国内雇用への影響とその経年変化:大阪府本社中堅・中小製造企業のアンケート調査データを用いた実証分析」(孟哲男と共著)、『経済分析』、第189号、2015年。
(2)「第3章 大阪府の企業立地推進政策と立地特性」、『地域産業政策の実際−大阪府の事例から学ぶ−』(田中宏昌・本多哲夫編)、2014年。
(3)「第1章 大阪における産業構造変化と地域経済成長」、『大都市圏の地域産業政策−転換期の大阪と「連環」的着想−』(長尾謙吉・本多哲夫編)、2014年。
(4)「第4章 交付・不交付団体における歳出構造の相違に関する実証分析」(湯之上英雄・倉本宜史と共著)、『地方分権化への挑戦〜「新しい公共」の経済分析〜』(齊藤愼編)、2012年。
(5)“Intergenerational transfers, asset management and tax avoidance” Economics Bulletin, Vol.29, 2009.

研究者要覧へ