TOP > 教員紹介一覧>橋本 文彦

■教員紹介


橋本 文彦(Fumihiko HASHIMOTO)
博士(経済学)・大阪市立大学



個人ページ  http://www.econ.osaka-cu.ac.jp/~Hashimoto/index.htm
電話  06-6605-2294
メール  hashimo@econ.osaka-cu.ac.jp (@を半角にしてください)


教授

1990年 大阪市立大学大学院文学研究科 
前期博士課程修了(哲学専攻)
コンピュータ総合学園HAL講師
大阪市立大学経済学部助手
同 助教授、を経て
2007年 大阪市立大学大学院
経済学研究科教授
現在に至る

【担当科目】 (毎年開講されるとは限りません)
経済情報論、経済情報論特殊講義、 コンピュータ講座、
基礎演習、イノベーティブ・ワークショップ など

【自己紹介】
大学時代は、論理学と科学哲学を専攻しました。

【学生へのひとこと】
実験心理学とシミュレーションを用いて、人間の意思決定モデルを構築します。

【学生への推薦図書】
(1)「論文の教室」 戸田山和久 著 NHKブックス
(2)「心理学が描くリスクの世界」 広田すみれ 他 編著 慶応義塾出版会
(3)「意思決定の基礎」 松原望 著 朝倉書店

【研究テーマ】
データの認知から意思決定を経て行動へと至る、人間の情報処理過程のモデル構築

【研究のキーワード】
人工知能、認知、情報、意思決定、シミュレーション

【所属学会】
東北哲学学会
進化経済学会 など

【主要著書・論文】
(1)「C言語のパラドックス」(上下巻) モード学園出版, 1995
(2)「機械は心を持ちうるのか」 心理学評論, Vol. 37, No. 4, 533-554, 1994
(3)「人は、過去の株価時系列にどのような未来を投影するのか?」 
 ファイナンスにおける人工知能応用, Vol. 1, 36-42, 2008

研究者要覧へ