■4年一貫の演習と論文指導が育む学士力
〜 2段階サイクルの少人数演習、経済学の体系的教育、的確な能力判定 による、
プラクティカル・エコノミストの育成

[取組計画の概要]
 本取組は、本学の経済学部(以下「本学部」と略記)が実施してきた2段階サ イクルの演習カリキュラムの各段階で、教育成果の的確なモニタリングと評価を 保証することで、本学部の人材養成目標であるプラクティカル・エコノミス ト(以下「PE」と略記)の着実な育成をめざすものである。PEとは、社会 が直面する課題を的確に捉え、それを経済学の素養を生かして分析し、解決の方 途を他者との協働により複眼的な構想力をもって立案しうる人材を指す。その育 成の到達点は、PEが習得すべき6つのスキルと1つのアビリティ(6S+ 1A)によって測られる。
 本学部のカリキュラム・ポリシーは、単位習得のキャップ制GPAを導入 し、基礎から応用まで段階的に経済学を学ぶ体系的カリキュラムを整備し、初年 次から4年次まで少人数の双方向型演習による4年間一貫した論文指導を実施し てPEを育成することにある。2008年度の入学生からは、少人数の演習型授業を 1・2年次の基礎サイクル(1年次前期の「基礎演習」、1年次後期または2年 次前期の「イノベーティブ・ワークショップ」、2年次後期の「論文演習」) と、3・4年次の応用サイクル(演習3と演習4、一橋大・神戸大との3商大ゼ ミ討論会、全南国立大学(韓国)および吉林大学(中国)との国際討論会)とに 再編成した。学生は、基礎サイクルで身につけた6Sを、応用サイクルで発展さ せ、卒業論文を通して1Aを獲得する。本取組ではアンケート調査もふまえ、学 生と学生、学生と実社会等の多方向・多チャンネル型で幅広いコミュニケーショ ンと学びの回路(副専攻の演習3、経済学部OBの社会人が講師を務めるキャリ ア形成ゼミ、異なる演習間の交流合宿であるインター・ゼミ)を2010年度から新 設することで、PEが備えるべき課題探求能力と複眼的な構想力の水準を引き上 げる。
 本取組ではまた、各年次の演習型授業で課される論文と卒業論文を教員が公正 に評価するための論文採点基準表を2010年度から導入する。これは論文執筆の目 標と指針として広く学生にも公開する。さらに、この取組による人材養成(6S +1A)の各年度の到達点を測るためにPE指標を導入する。これは各年度の初め と卒業時に各学生に対して提示される。かくして本学部のディプロマ・ポリシー は、PE指標と成績の4年間一貫したモニタリング、ならびに厳格な卒業論文審 査を通じて、卒業生の学士(経済学)としての質の保証をめざす。中でも卒業論 文は、6つのスキル(6S)の習得の上に開花する、問題解決の方途を複眼的に 構想するアビリティ(1A)が要求される課題であり、PEとしての最良の資格 証明書となる。本学部は伝統的に卒業論文を重視しており、6名の匿名の教員か らなる卒業論文審査委員会が全論文のピア・レビューと「優秀卒業論文」の認定 を行ってきた。本取組では2010年度から公開の卒業論文発表会を実施すること で、より厳格な指導体制を整える。  本取組では、6名の専任教員と2名の特任教員からなる取組推進委員会による モニタリングを中心とするPDCAサイクルを確立する。すなわち、全教員が参 加して開かれている学部FD研修会では、2009年度から演習型授業の進め方を主 題にすえ、学生による授業評価アンケート結果、および論文採点基準表とPE指 標にもとづく採点結果を分析したうえで改善案が提示され、それが全教員に共有 される仕組みを設ける。また、教材や資料を教員が共有し日常的なFD活動をう ながすためのPE養成ウェブ・スペースを2009年度に同委員会が整備し、教員の 取組を組織的に支援する。