■4年一貫の演習と論文指導が育む学士力
〜 2段階サイクルの少人数演習、経済学の体系的教育、的確な能力判定による、
プラクティカル・エコノミストの育成

 文部科学省・日本学術振興会が2009年度に募集した、大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム(大学における教育の質保証の取組の 高度化)に、このたび本学経済学部の取組計画が採択されました。この大学教育推進プログラムは、大学・短期大学・高等専門学校から申請された、各大学等に おける学士力の確保や教育力向上のための取組の中から、達成目標を明確にした効果が見込まれる取組を選定し、広く社会に情報提供するとともに、重点的な財 政支援を行うことにより、日本の高等教育の質保証の強化に資することを目的としています。
 経済学部の取組計画の名称は「4年一貫の演習と論文指導が育む学士力」、その副題は「2段階サイクルの少人数演習、経済学の体系的教育、的確な能力判定 による、プラクティカル・エコノミストの育成」となっており、2009年10月から2年半の取組が行われます。

[取組計画の概要]
  [取組計画の概要]
  [取組全体のイメージ(PDF)]
  [取組推進委員会名簿]
  [論文採点表(PDF)]
  [論文採点表について]

[取組の実績]
  [本プロジェクトの総括レポート]
  [本プロジェクトの紹介パンフレット(PDF)]
  [取り組みが朝日新聞で紹介されました(PDF)]
  [学習相談室が開設されました。(PDF)] (2014年度分)
  [学習相談室の写真]
  [イノベーティブワークショップ]
  [キャリア形成ゼミ]
  [研究会]

[取組の予定]
  [今後の予定]